カテゴリ:お山( 8 )

お山に行ってきました@西丹沢・大野山

c0356722_22292671.jpg
昨日、今年最初のお山に行ってきました!


今回は11月に続く二回目の「ひとりでできるもん企画」と題しまして
足柄上郡山北町にある大野山にひとりで登ってまいりました
年明けの呑寝正月で完全に己を甘やかしておりましたので
登山道がよく整備されていて、初心者でも安心して歩けるお山をチョイスしてみました





昨日は朝からお日様に恵まれてポカポカ陽気
ちょっと雲が多かったものの、絶好のお山日和になりましたので





c0356722_22292506.jpg
お日様チャージにいそしむ虎子はんと





c0356722_22292424.jpg
ひだまりで悟りを開かんとするしまじろうに留守を託して、出発!





今回は谷峨駅から大野山山頂を目指すルートを取りました
このお山は整備が行き届いており、登山口から山頂までのコース上にトイレも充実している上に





c0356722_22292463.jpg
登ってる最中から富士山が拝めるという、すてきロケーション!
また、山頂一帯が過去に県営牧場化されていたため、頂上に近づくにつれて視界がどんどん開けてきます





c0356722_22292300.jpg
樹林帯を抜けると、こんな風に空がばばーんと見えます
枯れたすすきが風にサラサラと揺れていて、とってもいい眺めでした(*´ω`)
秋にまた来よう!と固く心に誓いました





歩きやすい上に眺めもいいお山ですが、登山客は少な目でした……
谷峨駅でちらほらとハイカーの方々を見かけたものの
登山道に入ってからは全く人に会えませんでした(;^ω^)
ウーン、ひょっとして穴場なのかしら

ひとりでお山歩きをするのはこれが二度目ですが
シーンと静まり返った自然の中、風が草木を揺らす音と自分の足音だけを聴きつつ
もくもく登ってゆくのは……なんとも贅沢な気分になります
誰かと歩くのも楽しいですが、ひとりもまた、いとをかし( ̄ー ̄)

等と書くとまるで優雅なお山歩きのようですが
実際は汗ダラッダラ、息も絶え絶えになっております
お山で見かける山ガール&山マダムのように、山頂に辿り着いてもうつくしく佇んでみたいものですが
汗かき大魔神の私には夢のまた夢です(ノД`)・゜・。





山頂が近づいてきたところで





c0356722_22292237.jpg
こんなすてきなお休み処が!
「スカイツリーと同じ高さ 634(ムサシ)m」という道標を掲げたうさぎさんです
大野山では、こんな木彫りの像がお山のあちこちで出迎えてくれました
なごむ……(*´ω`)





のんびりと休憩も挟みつつ、2時間ほどで山頂に到着!





c0356722_22292141.jpg
この日も無事、富士山を拝むことができました!
ちょっと霞がかってるけどうつくしいー(∩´∀`)∩

富士山の上にいったんもめんが泳いでました





さて、この日の「ひとりでできるもん企画」
ひとりお山歩きがもちろん第一目的なんですが
この日はひそかにもうひとつ、目的がありました





c0356722_22292021.jpg
お山の上で煮炊き……そう、「山めし」初挑戦です!
いつもより多めの水とガスバーナーとクッカー、食材を背負ってまいりました
日頃めんどく星人の名に恥じぬ、だらけた日々を送っておりますが
わたくし、やる時はやるおなごですの( ̄ー ̄)キリッ

はじめての山めしメニューはカレーうどんをチョイスしました
とりあえずカレー味にしとけば大惨事は回避できるという経験則からの選択です

材料は、冷凍うどん・ねぎ・豚肉(茹でて冷凍)・にんじん(茹でて冷凍)・天かす
味付けはエバラの「プチっとうどんの素・カレー煮込み」





c0356722_22292086.jpg
買ったばかりのクッカーに湯を沸かしまして、材料を盛大にぶちこみます
お山の上では味が濃いほうがうれしいので、砂糖とほんだしも追加しました
で、あとはぐつぐつ煮るのみ
めんどく星人のばあやにぴったりの一品です





c0356722_22291914.jpg
無事に煮えましたら、鍋から直接いただきます
器に取り分けていただくという女子力はございませんが、酒は忘れずに持ってきました
保冷バッグに保冷材と一緒に入れてきたので、まだキンキンです
めんどく星人ですが酒をおいしくいただくための努力は惜しまない、それがばあやクオリティ!



山頂で冷たい風に吹かれつつ、すするカレーうどんとキリンビターズ


美 味 い …… (*´ω`)



はじめての山めし、自分としては大成功!でした♡





富士山を愛でつつカレーうどんと酒、食後のコーヒーを満喫したのち





c0356722_23051151.jpg
山頂にいたなんともプリティ極まりないバンビーノのお尻を撫でまわし
山北駅に向かって下山しました





c0356722_23051165.jpg
下山途中で見つけたかわいいお花や





c0356722_23051027.jpg
梅の香りに大層癒されました……
まだまだ寒いけど、少しずつ自然は春に向かって動いているんですなー





c0356722_23050921.jpg
帰り道でやっと出会えた!木彫りのねこさん!(*´ω`)
「あちらに見えるのが大野山だニャン」
と、すばらしいガイドっぷりを発揮しておられました





c0356722_23050889.jpg
登山道を降りてきたところで見つけた「カフェリーフス」さんでひと休みもして
大変充実した日曜日でございました


いやー、楽しかったです
あたたかくなると食材が持ち歩きにくくなるので、冬の間に山めし特訓だな!


……と、昨日の時点では思っていたんですが
これを書いてる今、絶賛☆筋肉痛です…………(ノД`)・゜・。
山めし特訓の前に足腰鍛えないとなあorz



※ちょびんこ様、りんりん様、先日すてきなお手紙と贈り物が届きました!
 お心づかいありがとうございます( ;∀;)
 後日ブログにてご紹介させてくださいネ(*´ω`*)

by shima_tora | 2017-01-30 23:29 | お山 | Trackback | Comments(6)

お山に行ってきました@表丹沢(鍋割山)

ちょうど1週間前のことになりますが、
クリスマス連休初日の12/23にお山に行ってまいりました!





c0356722_23381350.jpg




今年の夏、お山の師匠にご紹介してもらってお山友達が3人もできたのですが
今回は初めて、そのフルメンバーで出かけてきました!
ちなみに……このゆかいな仲間たちとお山に出かけたのはまだ2回
ですが
飲み会はその3倍くらい開催しております(;^ω^)


今回は表丹沢県民の森から鍋割山を目指すルートを取りました
朝の5時半に集合し、登山開始は6時過ぎくらいから
ゆっくりのんびり、しりとりなんぞもしながら3時間半くらいかけて登頂しました

10月に塔ノ岳に登った時はバッテバテだったばあやですが
11月の「ひとりでできるもん企画」、京都でのプチ登山、今月頭のお山トレーニング……
と、へっぽこなりに鍛錬を積んでいたせいか
今回はバテることもなく、お山歩きを楽しむことができました


9時半頃に無事、山頂に到着





c0356722_23381343.jpg
この日はクリスマスが近かったこともあり
師匠が背中に担いできてくれた食材で、なんと鶏だんご鍋をこさえてくださいました!
お山のてっぺんでお日様を浴びつつ貪るだんご鍋……
こんなの絶対美味いに決まってる!





……そして、クリスマスパーリイにはやはり欠かせません

酒が。





c0356722_23381229.jpg
お友達の一人が担いできてくれた「鍋割山」(そういうお酒があるんですヨ)を
やはりもう一人のお友達が担いできてくれた鍋で熱燗に……
こんなの絶対美味いに決まってますやん


ちなみにこの日、ばあやはボジョレーを担いで登りました
そして山頂では、山小屋で各自ビールや缶チューハイを購入して乾杯

早起きからの山歩き→アルコール
この流れが行きつく先は……もうお分かりですね

お 昼 寝 し か あ る ま い よ



すてきなブランチを終えた後は、やはりお友達が担いできてくれたエマージェンシー・シート
(緊急時に体に巻いたりする、なんかアルミホイルみたいなシート。雨や寒さから身を守ってくれる)
にくるまり、さながらホイル焼きのような有様で……爆睡。
なんだかんだで2時間近く昼寝したんじゃなかったかしら


その間にも





c0356722_23381167.jpg
山頂をぶらぶら歩きまわって、こんなかわいい木の実を見つけたり





c0356722_23381017.jpg
青空の下の富士山を愛でたり……
とても贅沢なひとときを過ごしました

しりとりをしつつ山を登り
山頂で酒を呑み
みんなでお昼寝

なんか、大人になってからこんな風に無邪気に遊べるのってうれしいなあ
そんなことをしみじみ考えた1日でした(*´ω`)


来年もゆかいな仲間たちと、たくさんお山に出かけたいものです
そのためにまず体力落とさないようにしないとナー(;^ω^)

by shima_tora | 2016-12-30 23:33 | お山 | Trackback | Comments(4)

もみじさまに会いにゆく@2016大山寺

00000010_13281537.png





先週はちょっとバタバタしていて間が空いてしまいました
コメントやイイネをいただいた皆さま、お返事が遅くなってしまってすみませんm(__)m


グングン寒くなってまいりましたが、皆さまお元気でしょうか?
インフル等の流行、手足の冷えにお肌の乾燥、運動不足による(お察しください)
何かと懸案事項の多くなってくる季節ではありますが
もちろんおたのしみもあるわけです!





c0356722_23455090.jpg
晩秋のおたのしみといえば、もみじ狩り!
ということで、昨年に続き伊勢原市の大山に出かけてきました!



今回は『ひとりでできるもん企画』と題しまして、
蓑毛から大山阿夫利神社下社を目指すルートを一人で歩いてみました
ゆるーく歩けるコースとはいえ、曲がりなりにもそこは登山道
迷子にならんか、すっころんでケツを強打しないか、森のくまさんに遭遇しないか……
ちょっとドキドキしつつ出かけてみましたが





c0356722_23455427.jpg
登山道のひとり歩き……いやはや、楽しかったです!
このルートを歩く人が少ないせいか、はたまたお天気(曇天&極寒)のせいか
この蓑毛越えに到達するまで誰にも会わず
シーンとした森の中に聞こえるのは自分の足音と落葉の音だけ
なんとも贅沢な気分になりました





c0356722_23455488.jpg
道中で見かけたもみじ 緑と黄、そして紅のグラデーションがすてき
日本に生まれてよかったと思う瞬間であります





c0356722_23455326.jpg
蓑毛から1時間ちょっとで阿夫利神社下社に到着!
紅葉シーズン真っ盛りなのもあって、すごい人出でしたw
境内中に豚汁の魅惑的なかほりが……(ジュルー





c0356722_23455240.jpg
下社の紅葉はピークを少しだけ過ぎたくらい?
くっきりと深い紅色に染まったもみじがお出迎えしてくれました





そこから15分程度下った先が





c0356722_23455160.jpg
本日の本命、大山寺です!
ご覧の通り視界の全部を紅で覆い尽くさんばかりの、もみじ、もみじ、もみじさま……





c0356722_23455052.jpg
くっきりと色づいた紅色と黄色の絶妙なコンビネーション!





c0356722_23454817.jpg
大山寺の紅葉はちょうど見ごろドンピシャだったと思います
昨年よりも鮮やかな色彩の競演に、ただただ、ため息が出るばかり
せっかくなら秋晴れの青空の下で見たいなあ、なんて思いつつ出かけましたが
この華やかさにはむしろ曇天くらいがちょうどいいのかも知れませんナー

春のふんわり柔らかな色彩も大好きだけど
秋のちょっと艶っぽい色彩……例えるならば美魔女系
そんな自然のお恵みをたっぷり堪能した1日でした♡

来年もぜひ出かけたいです!





【おまけ】





c0356722_23454881.jpg
帰宅後のしまじろう&虎子
絶妙なコンビネーションで暖房警備中





c0356722_23454325.jpg
「わるいなばあや このストーブふたりようなんだ」


oh……スネオイズム……|д゚)

by shima_tora | 2016-11-24 00:14 | お山 | Trackback | Comments(8)

お山に行ってきました@表丹沢(塔ノ岳)

先日、久しぶりにお山に行ってまいりました!


昨年の暮れに塔ノ岳への登頂を果たして以来、なんと10ヶ月ぶり(oh……)
今回はその塔ノ岳の山頂を、大倉から目指すルートで行ってまいりました。
山登りを教えてくれた師匠を隊長に、最近できた新しいお友達を交えての山登り、
大変楽しかったのですが、ものすごーくしんどかったです(;^ω^)

生来の引きこもり体質に加え、今年は諸事情が折り重なってますますヒッキー生活に磨きをかけていたので
当然のことながら足腰も衰えているわけでして……





c0356722_21301129.jpg
このようにうつくしい日の出を拝みながらキャッキャと出発したはいいものの、
登り始めて速攻でふくらはぎをつりまくる始末(ノД`)・゜・。
途中で何度も「もう帰ろう、今なら単独下山もまだ大丈夫!」と撤退を真剣に考えたのですが、
一緒に行ってくれたみなさんのあたたかな励ましと、
コースタイムを大幅に乱す休憩を取っていただいたおかげで、何とか登って下りてこれました。





c0356722_21301087.jpg
途中の山荘で休憩したり





c0356722_21300845.jpg
岩場に咲く可憐なお花に心を慰められつつ……お昼過ぎにようやく山頂に到着!





c0356722_21300726.jpg
塔 ノ 岳 山 頂 、 驚 き の 白 さ


…………何も見えない(笑)
ここに辿り着くまでに108回くらい心を折りそうになっていたため、さすがに唖然としてしまいましたが
そこはやはり、お山のお天気!





c0356722_21300615.jpg
山頂到達からわずか15分の間にみるみる空模様が変わり、富士山を無事拝むことができました!
毎日見てるけど、やはりお山から富士山が見えるとテンションもうなぎ登るというものです( ;∀;)




そしてなんとこの日は、山ノボラーの間でちょっとしたアイドルである





c0356722_21300421.jpg
塔ノ岳山頂に住み着いているねこさんにお会いできました!
なんでもこのねこさん、捨てられていたのがそのまま山に住み着いているそうでして。





c0356722_21300324.jpg
このねこさんは推定16歳くらいとのことですが、
なんと塔ノ岳よりさらに高い、丹沢山や蛭ヶ岳でも目撃情報があるそうです。
塔ノ岳から大倉まで下りて、また登ってくるなんてのもザラだとかなんとか……
ものすごい健脚にゃんこだ|д゚)

山荘のご主人にお話を聞いたとき、
山に捨てられてしまうなんて、なんて痛ましい……と思わず涙ぐんでしまったのですが
その後お山で逞しく暮らしていること、私なぞ足元にも及ばぬ健脚ぶりを聞いて、
ちょっとホッとしました

当分塔ノ岳はこりごりだなあと思っていたばあやが
「次はねこ缶を持てるだけ持って来よう!年内に!」
と固く心に誓ったのは、言うまでもありませぬ(=゚ω゚)ノ


同行者のみなさんに色々と迷惑をおかけしてしまったものの、
やはりお山は楽しかったです
次回はもう少し、体力トレーニングしてから登りたいと思います(;^ω^)




……下山した翌日から、それはもう恐ろしいほどの筋肉痛に見舞われました





c0356722_21300241.jpg
一歩歩くごとにうめき声をあげるばあやに戸惑いを隠せないしまさん


一方、虎子さんはというと





c0356722_21300124.jpg
ご覧ください、この表情
言葉を発さずとも、彼女の胸の内が伝わるってもんです


「おおばあやよ、なんとふがいない!」


……筋肉痛取れたら、まずはお散歩から、だな……(ノД`)・゜・。

by shima_tora | 2016-10-26 21:58 | お山 | Trackback | Comments(8)

お山に行ってきました@表丹沢(鍋割山・塔ノ岳)

ねんがんの じもとやまデビューを はたしたぞ!





c0356722_22311913.jpg






本日、わがまちが誇る観光資源(のハズ)である表丹沢に初登頂してきました!
今年の夏にお山デビューしてから、いつかは挑戦したい……と地元魂をひっそり燃やしていた表丹沢の塔ノ岳。
まさかこんなに早く登ることになるとは思っておらず、
『初心者 塔ノ岳』で検索をかけては

「初心者にはキツい」
「山慣れしてない人にはおどろきのキツさ!」
「ほんと きつ かゆ うま」


等々、先輩クライマーさんたちのコメントにおののきを増幅させながらの挑戦となりました。
(我ながらこういうとこ、ほんとドM)

今回のルートは表丹沢県民の森から鍋割山を目指し、そこからさらに塔ノ岳に登るというコースを選択しました。
午前5時、寒さに震えながら出発。
登山口から約1000mの高低差をえっちらおっちら登ってゆく作業は、
日頃ひきこもり生活を送っている身にはもう(お察しください)

でも





c0356722_22352073.jpg

最初の目的地である鍋割山の頂上に着いた瞬間、それまで苦しかったのとかもう完全に吹き飛びました。
雲ひとつなく晴れ渡った空、冬の澄み切った大気。
ところどころを黄色や朱に染めた山々の稜線、
その向こうに圧倒的な存在感でそびえ立つ富士山……!





c0356722_22402287.jpg

反対側には、海を背にしてキラキラと光るわがまち。
自分の暮らす街をこんな高いところから眺めたのは、もちろん初めてでした。
わたしの住む街ってこんなにきれいなんだ、と、ちょっと涙が出ました。





そこから更にえっちらおっちら進み、塔ノ岳に11時半過ぎに到達。





c0356722_22454073.jpg


c0356722_2246987.jpg






富 士 山 う つ く し す ぎ ィ !





いやもう、ほんと、それまでの辛さとか苦しさとかこれ見た瞬間吹き飛びますよ銀河の彼方ですよ

何度も塔ノ岳に登頂している師匠が「今までで最高の空模様」と仰っていたのですが、
今日は本当に空が晴れ渡り、空気も澄みきっていて……

初心者の身にはなかなかごっつい登山になりましたが、
こんなすてきなご褒美が待ってるなら何度でも登りたくなりますw





c0356722_2252331.jpg

塔ノ岳山頂で師匠がこさえてくれた餃子鍋
涙 の 出 る う ま さ





c0356722_2254464.jpg

山頂には仏様も祀られていました
わがまちのお寺さんが建てているそうです





c0356722_2255220.jpg

下山途中には、富士山とひこうき雲のすてきなツーショットに邂逅





塔ノ岳からのピストン下山で、再び表丹沢県民の森に戻ってきたのは夕方5時過ぎ。
登りが約5時間、下りが約3時間ちょっとくらいになりました。
確かに勾配のキツイ所が多く、初心者クライマーにはヘビー級の登山となりましたが、
ゆっくりとマイペースに登っていけば結構イケます。
ただ、距離的にどうしても時間がかかるので……この季節は朝早くから行かないと帰り道が怖いかな。
鍋割山・塔ノ岳共にお山のトイレはとってもきれいに整備されています!

自分のような、お山に行き始めたばかりの山ガール
(私はもうガールって年ではありませぬが)
に、ぜひともお越しいただきたいお山だなあと思いました。





くたくただけど充実感&満足感でいっぱいです!
by shima_tora | 2015-12-05 23:02 | お山 | Trackback | Comments(3)

紅葉を撮りに行く@大山

00000010_18534469.jpg




久しぶりに、お山に行ってまいりました!





c0356722_2175521.jpg

今回挑んだのは、神奈川県伊勢原市にある大山。
8月以来のお山なので、リハビリも兼ねてゆるーく登れる場所をチョイスしてみました。
……実はこのお山はわがまちのお隣にありまして、子供の頃は遠足で登ったりもしていますw

わがまちから大山へのアクセスはヤビツ峠からのルートが一般的なのですが、
今回は蓑毛からのルートを選択しました。
そこそこキツめの坂はあるものの、ゆっくりゆっくり登っていけばそれほど辛くない登山道なので、
わたくしのように引きこもり&初心者でも安心して登れます。
ヤビツ峠からのルートに比べるとマイナールートらしく……登山中は全く人に出会えませんでした(笑)静かに山歩きをしたい方にはぜひおすすめしたい!

蓑毛からのんびり歩いて、一時間ちょっとで阿夫利神社下社に到達できます。





c0356722_21151431.jpg

あいにく下社はすでに紅葉の盛りを過ぎていたのですが、神社の前にたくさんの菊の花が飾られ、あでやかな彩りを添えていました!





c0356722_21161097.jpg

境内にはこんなすてきな絵馬が。





下社からは下りで15分程度で、大山寺にアクセスできます。





c0356722_21173825.jpg


c0356722_21182991.jpg


c0356722_21184346.jpg


c0356722_2118592.jpg

いやはや……もう、圧巻の一言に尽きる紅葉ぶり。
ミシュラン星を獲得するだけあります……
もみじの赤が本当にあでやかで、「ムハア~ン」というため息しか出てこない……

この日は秋口に買ったばかりの広角レンズを初めて野外で使用しました。
広角ちゃん……すごく面白い。が、すごく難しかったですw
色んなものを拾ってくれすぎるので、使い手のアングルセンスを試されると言うか……美的センスがかなしいくらいにナッスイングな自分が、これを使いこなせる日が果たしてくるのかどうか……いやいや、精進します( ゚Д゚)ノ

久しぶりのお山で足が生まれたての小鹿のようになりましたが、
秋のさわやかな空気の中で流す汗は気持ちよかったです!
寒い季節の山登りも初めてだったんですが、登ってる時は首タオルがずぶ濡れになるくらい汗をかきました……
でも、立ち止まると一気に冷えるんですネー
秋~春のお山には、重ね着&防寒着必須だな!とまたひとつ勉強になりました。





【おまけ】

c0356722_21271472.jpg

登山道にある案内表示
昨年、このロゴマークのデザインを担当させていただきました
自分の作ったものがこうして形になってるの、こそばゆくもうれしいですw
by shima_tora | 2015-11-24 21:38 | お山 | Trackback | Comments(2)

お山に行ってきました@高尾山

8月2日の日曜日、2度目の山登りに行ってきました!
今回のコースは高尾山→景信山→陣馬山という、ぜいたくにも1日で3つのお山に登ってしまおうというプラン。

ぜいたくっていうか………結構無謀な企画だったかも、今にして思えば。

朝7時から登り始めて、陣馬山を下山できたのは午後5時……
10時間もお山にいたのか!と、下山してから仰天してしまいました。たぶん20kmくらい歩いたんじゃないかしら……

この日は恐ろしい暑さでして、持参した3リットルの水分を全て飲みつくしたにも関わらず、トイレに行ったのは2回。それだけ汗をかいたってことですね……

高尾山は観光地化されたお山だけあって、トイレや休憩設備も完備。とても登りやすいお山でした。
今回は乗らなかったけどケーブルカーもあるので、紅葉の季節になったら撮影メインで遊びに行ってみるのも楽しそうです。





c0356722_17504849.jpg

山頂付近にある神社で出会った素敵な天狗さま




景信山、陣馬山も登山道がきちんと整備されていました!
夏じゃなければもっとラクラク登れたと思います(笑)




c0356722_17543894.jpg

山のお茶屋さんで、なんとかき氷がいただけるという至れり尽くせりぶり




c0356722_17551822.jpg

このお馬さんに会いたくて、無謀にも猛暑日にアタックしてしまいました……
山頂で飲んだポカリが心底染み入りました。あんな美味いポカリ、飲んだことねえ!




今回2度目のお山チャレンジだったわけですが、暑さの中の登山を体験してみて色々反省点がありました。
とにかく汗をかくだろうってことで水分はたっぷり持参したんですが、汗を拭くタオルも多めに持っていく必要があるなーとか、
着替えはできれば上下持っていくといいな、とか。
今回夏用の山タイツとサポーターを装備して行ったんですが、靴下は普段使いのものだったので、帰ってきてから膝下がものすごいかぶれてしまいましたorz
山用の速乾素材が肌に触れていたところは全然平気だったので、次回は靴下まで気を抜かずにチョイスしていこうと思います。

とにかく1日汗をかきまくり……っていうか汗を噴出し続けた感じでしたが、
休憩時間にその汗を山の風で乾かすのが、もうたまらなく気持ちいい。

体を動かして流す汗って心地いいんだなあと、しみじみ思った1日でした。



それにしても高尾山での、トレイルランナー率の高さにびっくりしました……
登るだけでもヒーコラ言ってる身としては、もう、神々しくすら見えました。
by shima_tora | 2015-08-08 22:43 | お山 | Trackback | Comments(0)

お山に行ってきました@大菩薩

ちょっと日が開いてしまったんですが、
先週の日曜(12日)に山梨の大菩薩峠に登ってきました。初!登山です。

職場の山ノボラーな上司(私のカメラ師匠でもあります)にナビをお願いして、午前4時から登山スタート。
初心者向けの登りやすいお山と聞いてはいたんですが、日頃ほぼ歩かない生活をしている身には……(お察しください)
気温15度くらいしかなかったのですが、頭から水をかぶったように汗をかきました。

登りつつ、
「もうだめ……あっしのライフはもうゼロよ……」
と何度も思ったんですが、
きつい坂道の途中にちゃんとゆるやかな道があったり、展望が開けて下界の景色が眺められたりして、確かに初心者でも登りやすいお山だったと思います。

ゆっくりゆっくり登り、午前6時に頂上に到達。




c0356722_04149.jpg

疲れも吹き飛ぶ絶景がそこにありました!




c0356722_044369.jpg

モコモコの雲海と空の、まあ美しいこと……
うっすらと南アルプスも見れて感激。




c0356722_053516.jpg

山頂から少しだけ下ったところにある山小屋の近くで休憩しました。
さすがに山頂付近はザレ場続きで、降りてくるとき結構怖かったです。
何しろ登りで体力を使い果たしておったので……膝がわらわらとね……(体力なさすぎ)
でも、ここで上司がお山グッズを駆使して沸かしてくれたお湯で食べたカップ麺のうまかったこと!
日清の底力を思い知らされた瞬間でした。




c0356722_092425.jpg

山小屋の近くに咲いていた面白い花(の、つぼみ?)




上司の計らいで、行きはキツめのコース、帰りはまったり歩けるゆるいコースを選択したので、
下り坂でごろごろ転がることもなく、9時前には下山してこれました。
逆だったら危なかった。絶対ごろごろ転がってた自信があります。




この日はとても暑くなった1日だったので、




c0356722_0122983.jpg

帰宅すると蕩けたねこが出迎えてくれました。




c0356722_012598.jpg

実にやる気のない「おかえりー。」




c0356722_0132982.jpg

登頂記念に買ってきたピンバッジを見せびらかすも、なぜか視線を合わせてくれないしまさん




久しぶりに、ものすごく体力を使った休日でした。
でも楽しかったなー。予想以上に楽しかった。
また登りに行きたいです!
by shima_tora | 2015-07-21 00:15 | お山 | Trackback(1) | Comments(2)